本リサーチユニットでは,地理情報科学と都市工学の各専門分野における空間解析手法の高度化を追求し,分野間相互の適用可能性を探りながら空間解析手法を戦略的に活用することを目的とする.空間解析手法は多種多様なものが考えられるが,本研究では以下の3つの分野に大別される手法群に着目して,地理情報科学と都市工学の各専門分野における空間解析手法の高度化を追求する.そして,分野間相互の適用可能性を探りながら空間解析手法の戦略的活用を図る.

(1)空間統計解析手法の高度化と戦略的応用

     都市化研究におけるGIS とRS を統合した空間分析手法の開発と実証研究,灌漑条件・農地管理方法の変化による水文条件の変化,広域の都市圏を対象とした地価/賃料分布図作成のための方法論の開発,時空間点データの集計単位

(2)配置最適化・ネットワーク解析手法の高度化と戦略的応用

     食品流通における物流拠点の最適配置,航空輸送における最適な航空ネットワーク形態及び市場等の拠点整備,k 近隣施設までの距離を用いや施設立地分析モデルの構築,高齢者社会における望ましい施設配置や交通システムの改善のための政策

(3)空間シミュレーション技術の高度化と戦略的応用

     拡張現実を応用した実空間モデリングシステムの開発,実空間モデリングシステムを用いた景観シミュレーション,空間情報を活用した新しい計画情報生成方法と位置測定情報の有効活用策