研究成果


■2009/02/19 地理情報科学教授法 2008年度研究成果報告書

■2008/10/24 地理情報システム学会講演論文 vol.17(2008)

 村山 祐司(筑波大学 大学院生命環境科学研究科 教授)
 「地理情報科学の教授法の確立 −筑波大学の取り組みと今後の課題−」  (PDF)


■2008/10/24 第17回地理情報システム学会学術研究発表大会資料

■2008/09/22 地理情報科学教授法 第22回研究会講演資料

 渡辺 俊(筑波大学 大学院システム情報工学研究科 准教授)
 「地理情報科学の教授法の確立−大学でいかに効果的にGISを教えるか−」  (PDF)


■2008/05/19 地理情報科学教授法 第20回研究会資料

 王尾 和寿(筑波大学 大学院生命環境科学研究科)
 「筑波大学GIS研究教育コンソーシアム設立に関する調査報告」  (PDF)  (HTML)


■2008/04/09 人文地理学研究 32 掲載論文

 王尾和寿・村山祐司(2008)
 「ArcGISサイトライセンスおよびGeography Network導入の意義と課題−筑波大学を事例に−」  (PDF)


■2008/02/16 地理情報科学教授法 第19回研究会(2007年度全体報告会)資料

■2007/12/04 地理情報科学教授法 第18回研究会講演資料

 杉田 倫明(筑波大学 大学院生命環境科学研究科 教授)
 「水文学におけるGIS利用の教育法」  (PDF)


■2007/10/02 地理情報科学教授法 第17回研究会講演資料

 堤 盛人(筑波大学大学院システム情報工学研究科 准教授)
 「空間統計モデルを用いたつくばエクスプレス沿線地価の分析」  


■2007/07/17 地理情報科学教授法 第16回研究会講演資料

 鈴木 勉(筑波大学大学院システム情報工学研究科 教授)・武末裕樹(筑波大学大学院システム情報工学研究科)
 「ESRI International User Conference 2007 報告」  (PDF)


■2007/05/14 地理情報科学教授法 第15回研究会講演資料

 駒木 伸比古,筑波大学 大学院生命環境科学研究科・日本学術振興会特別研究員
 「筑波大学における日本地理学会によるGIS資格認定について」  (PDF)


■2007/04/13 地理情報科学の教授法の確立 研究成果中間報告書

 地理情報科学の教授法の確立 研究成果中間報告書(平成17〜18年度)  (PDF)


■2007/02/03 地理情報科学教授法 第14回研究会(講演会および全体報告会)資料

 ------------------------地理情報科学教授法 講演会資料-------------------------

 Prof. Qing Shen 米国メリーランド大学 建築都市計画保全研究科 教授
 「GIScience in Urban Planning Education - Experience from University of Maryland」  (PDF)
Qing Shen教授プロフィール:

Qing Shen is Professor of Urban Studies and Planning at the Universityof Maryland, College Park. He received his PhD in City and Regional Planning from University of California, Berkeley. His research interests include social impacts of space-modifying technologies, urban transportation policy, and metropolitan planning. He is the author of numerous publications in refereed journals. His work has been recognized by the Urban and Regional Information Systems Association (URISA) with a Horwood Critique Prize and by the Association of American Geographers (AAG) with an Emerging Scholar Paper Award in spatial analysis and modeling specialty. He has served on the Editorial Advisory Boards of the Journal of the American Planning Association, Journal of Planning Education and Research, and Urban Planning International, and is a longtime member of the Committee on Telecommunications and Travel Behavior of the Transportation Research Board (TRB). Professor Shen was educated in China (Zhejiang University) and Canada (University of British Columbia) before coming to the United States. Before joining the faculty at the University of Maryland, he was an associate professor of urban studies and planning at MIT.

http://www.arch.umd.edu/URSP/People/faculty/qshenBio.htm

 --------------------------平成18年度 中間報告会資料---------------------------

■2006/12/13 地理情報科学教授法 第13回研究会講演資料

 高橋昭子,東京大学空間情報科学研究センター 特任助手
 「これまでのGIS教育活動」  (PDF)


■2006/10/11 地理情報科学教授法 第12回研究会講演資料

 村山祐司,筑波大学大学院生命環境科学研究科 教授
 「米国におけるGIS研究の現状」  (PDF)


■2006/07/26 地理情報科学教授法 第11回研究会講演資料

 鈴木 勉,筑波大学大学院システム情報工学研究科 教授
 「社会工学類における都市計画基礎教育とGISの活用」  (PDF)

 森本健弘,筑波大学大学院生命環境科学研究科 講師
 「フィールドワークと空間分析を組み合わせた地理情報科学の実習」 (PDF)


■2006/06/07 地理情報科学教授法 第10回研究会講演資料

 河端瑞貴,東京大学空間情報科学研究センター 助教授
 「北米大学の地理情報科学教育システムの調査報告」  (PDF)

 王尾和寿,筑波大学大学院生命環境科学研究科 研究員
 「筑波大学Geography Networkの構築」  (PDF)


■2006/04/19 地理情報科学教授法 第9回研究会講演資料

 大澤 義明,筑波大学大学院システム情報工学研究科 教授
 「地理情報科学の教授法の確立−大学でいかに効果的にGISを教えるか−」  


■2006/02/14 地理情報科学教授法 第8回研究会講演資料

 堤 盛人,筑波大学大学院システム情報工学研究科 助教授
 「地理情報科学の教授法の確立−大学でいかに効果的にGISを教えるか−」  (PDF)


■2006/01/28 地理情報科学教授法 講演(ビデオコンフェレンス)資料

 Prof. Joseph Ferreira, Jr. マサチューセッツ工科大学 建築都市計画研究科 教授
 「GeoScience Education: Experience and Comments from MIT」  (PDF)

 -----------------------講演ビデオ(Windows Mediaファイル)-------------------
   Windows Media Player,またはRealOne Playerでご覧下さい.
   ダウンロードしてからご覧になる場合はマウスの右クリックから「対象をファイルに保存」をお選び下さい.

  [講義編]
  ・メンバー紹介 (8.3MByte,11分44秒)
  ・講義1 (Intoroductions, Challenges for geospatial science programs --- 3.2MByte,4分26秒)
  ・講義2 (Context and examples --- 9.1MByte,12分49秒)
  ・講義3 (Context and examples --- 7.5MByte,10分32秒)
  ・講義4 (Context and examples --- 12.2MByte 17分20秒)
  ・講義5 (Comments on educational strategies, Conclusions --- 9.5MByte,13分26秒)

  [質疑編]
  ・質疑1 (3.4MByte,4分44秒)
  ・質疑2 (5.3MByte,7分28秒)
  ・質疑3 (7.6MByte,10分44秒)
  ・質疑4 (5.0MByte,7分04秒)
  ・質疑5 (9.8MByte,13分46秒)


■2006/01/28 地理情報科学教授法 第7回研究会(教授法研究 平成17年度中間報告)資料

■2005/12/20 地理情報科学教授法 第6回研究会講演資料

 杉田倫明,筑波大学大学院生命環境科学研究科 助教授
 「地理情報科学教授法についていろいろ」  (PDF)


■2005/12/09 ArcGIS 9.1ダウンロードサービス開始

 ArcGIS 9,1の学内へのダウンロードサービスを開始しました.


■2005/11/09 地理情報科学教授法 第5回研究会講演資料

 森本健弘,筑波大学大学院生命環境科学研究科 講師
 「地理情報科学の教授法の確立−大学でいかに効果的にGISを教えるか−」  (PDF)


■2005/10/01 ArcGISダウンロードサービス開始

 ArcGISのキャンパス・ライセンスを取得し,学内へのダウンロードサービスを開始しました.


■2005/09/08 地理情報科学教授法 第4回研究会講演資料

 河端瑞貴,東京大学空間情報科学研究センター 助教授
 「米国のGIS教育調査inサンディエゴ:ESRI教育&ユーザー会とサンディエゴ州立大学」  (PDF)


■2005/07/14 地理情報科学教授法 第3回研究会講演資料

 渡辺 俊,筑波大学大学院システム情報工学研究科 助教授
 「地理情報科学の教授法の確立−大学でいかに効果的にGISを教えるか−」  (PDF)